MENUCLOSE

セミナー・講習会・研修会

About seminars and workshops
ホーム > セミナー・講習会・研修会 > 第36回小児保健セミナー(※Web開催に変更となりました)
募集中

第36回小児保健セミナー(テーマ:学齢期の子どもの新たな健康課題)(※Web開催に変更となりました)

日 時 2020年11月15日(日)午前10時00分~午後4時10分
会 場 Web開催
対 象 小児科医師・その他医師・歯科医師・保健師・助産師・看護師・
管理栄養士・栄養士・心理士・養護教諭・保育士・教職・研究職・
その他小児保健にかかわる方
定 員
参加費 会員3,000円、非会員6,000円

第36回小児保健セミナー

第36回開催については、新型コロナウイルス感染症対策として、当初の会場開催からWebによるライブ開催に変更いたします(令和2年9月9日付-第2報)。

また、今回は、都合によりシンポジウムの総合討論を取りやめ、各講義の後に各10分の質問時間を設けることといたしましたので、ご了承下さい(令和2年10月6日付-第3報)。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。ご不明な点などがございましたら、ご遠慮なく事務局までお問い合わせください。

参加方法、申込方法等は、本ページの下部(プログラムの下)に記載しています。

 

       第36回小児保健セミナー

        テーマ:学齢期の子どもの新たな健康課題

 

  【プログラム】※講演順、タイトルは変更することがあります。

■第1部 講演:近年、特に気になる健康課題 ―どのように対応するか

10:10 

増えるアレルギー症状の子どもたち-花粉症,喘息から食物アレルギーまで上手な対応法

国立成育医療研究センター アレルギーセンター センター長 大矢 幸弘

 

11:10 ネット依存、心身症、不登校

-子どもの心の不調に家庭・学校・かかりつけ医はどのように向き合うべきか

久留米大学医学部 小児科学講座 准教授 永光 信一郎

 

1210 昼食休憩)

 

■第2部 シンポジウム:現代の子どもの「よくある状態」―放置しても大丈夫? 

※今回は、都合によりシンポジウムの総合討論を取りやめ、各講義の後に各10分の質問時間を設けることといたしましたので、ご了承下さい(令和2年10月6日付)。

 

13:00 危ない「近視」-将来の失明を防ぐためにできること

慶應義塾大学医学部 眼科学教室 専任講師  鳥居  秀成

 

13:55 いつも口が開いている・うまく噛めない-むし歯だけではない子どもの口の問題

昭和大学歯学部小児成育歯科学講座 客員教授  井上 美津子

 

14:50 スマホ社会と子どもの運動器障害-よくある怪我からロコモティブシンドロームまで

山梨大学医学部整形外科学講座 学部内講師  若生  政憲

 

15:45 閉会の辞

※敬称略

 

 

申込方法:

・以下の<申込必要事項>を記載の上、E-メールでお申込みください(jschseminar-tantou@umin.ac.jp)。件名は「第36回小児保健セミナー申込み」としてください。また、ホームページの「セミナー・講習会・研修会について」に掲載されている各セミナー・講習会の申込フォームからもお申込みいただけます。

FAXでお申込みの方は、別紙「参加申込書」にご記入の上、事務局宛にお申込みください。

・受け付け後、「受付完了通知」と参加費ご入金のご案内をお送りしますので、受信可能なE-メールアドレス、FAX番号を必ず記載してください。記載がない場合、受付ができないことがございます。

・また、申込受付後、事務局から講習会への参加用URL等についても事前にメールで送付いたしますので、メールボックスのご確認をお願いいたします。開催日3営業日前(1111日)になっても参加用URLの受信が確認できない場合は、事務局までご連絡ください。

 

<申込必要事項>

E-メールでお申込みの方は、タイトルは「第36回小児保健セミナー申込み」として、①氏名(フリガナ)、②所属・部署、③職種(医師、保健師・看護職、保育士、その他(その他は詳細を記載)、④連絡先〒と住所(郵送物の送付先)、⑤電話番号、⑥FAX番号、⑦会員(会員番号)・非会員、を記載の上、事務局宛(jschseminar-tantou@umin.ac.jp)にお申込みください。

申込締切:令和22020)年115日(木)

 

備考:

※本セミナーは日本専門医機構小児科専門医(新制度)学会参加1単位が認められます。

※下記の各講演について、日本専門医機構小児科専門医(新制度)小児科領域講習各1単位を申請中です。ただし、このたびのWEB開催への変更に伴い、現時点では、本単位認定の可否が不確実であることをご了承ください。単位認定の可否が確実となりましたら追ってご報告いたします。